私たちの事業

ニーズを掴み、カタチに仕上げる。

世界トップクラスの鉄鋼メーカーである新日鐵住金のグループ企業であることを活かして、お客様のニーズに応えるための根幹となる素材を開発・調達すること。そして、その素材を長年培った技術で加工し、機能性を付加したうえでお客様の期待値を超えること。それら2つの強みを軸に事業を展開しています。

Material Development 《 素材開発力 》 × Processing Technology 《 加工技術力 》
  • 棒鋼またはコイルを
    主にダイスを通して引抜き加工
    機械部品などに用いられる
  • 冷間(常温)で鋼を加工
    重要な部品に使われることが多く
    高い品質が要求される
  • タイヤとホイールの接点を担い
    空気漏れを防ぐ重要な部品である
    ビードワイヤーを加工
仕様一覧
  • 冷間圧造用(CH)鋼線

    鋼種 JIS 相当品 炭素鋼
    合金鋼
    ボロン鋼
    外国規格相当品 AISI
    SAE
    サイズ 4Φ~45Φ
    異形 四角、六角他

    磨棒鋼

    鋼種 JIS 相当品 普通鋼
    快削鋼
    炭素鋼
    合金鋼
    軸受鋼
    サイズ 6Φ~40Φ
    異形 六角他

    ビードワイヤー

    鋼種 炭素鋼
    サイズ 約1Φ~約2Φ(丸線)
TOP