製造工程-冷間圧造用(CH)鋼線

製造工程

冷間圧造用(CH)鋼線

冷間圧造により、ボルト、ナットを始め様々な形状に加工される冷間圧造用(CH)鋼線。 高精度の外径寸法と加工のしやすさ、最終部品での耐久性など高い品質が求められます。 お客様の用途・要求品質に応じた製品を適切な素材を使用し、適切な加工工程で製造します。

  • 素材
    素材

    新日鐵住金と緊密に連携を取りながら、化学成分を調整した良質の線材(コイル)を素材としています。

  • 酸洗・潤滑
    酸洗

    スケール(酸化被膜)や錆等素材の表面に付着したものを酸溶液に浸漬し除去。 伸線工程で加工しやすい様に潤滑皮膜処理を行います。

  • 伸線
    伸線

    素材の直径を細くし、長さを伸ばす金属加工の一種。ダイスに素材を通して引き抜き、表面の平滑度を向上させ、外径寸法を精度良く仕上げた後、コイル状に巻き取ります。

  • 焼鈍
    熱処理

    素材を加熱・均熱・放冷却することで鋼材の冷間加工性を改善します。

  • 検査
    検査

    加工された製品が所定の機械的性質や鋼材のミクロ組織等を満たしているかをサンプルを採取し試験検査します。機械的性質は、引張強さ・絞り・硬さ等、組織では球状化組織・脱炭層深さ等を検査します。

  • 出荷
    製品
TOP